どうしてぼくはこんなところに

冷静と情熱の間で彷徨う人のブログ

キャリア

エンジニアでもIT系でもない普通の中小企業のサラリーマンの退職エントリー

2年前に中途で入社した日系メーカーを今月末で退職することになった。せっかくなので、自分の考え方の整理のためにも退職エントリーを書いておく。

人生に効く自己分析!ストレングスファインダーをついぞやってみた

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0 作者: トム・ラス,古屋博子 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2017/04/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 意識高い人たちはみんなやってる自己分析、…

TOEIC800点超えたので留学経験なくとも英語力上がるお手軽勉強方法公開します。

海外営業のくせにTOEICのスコア800ないってやばくない?と言われ続けてしばらく経ったけれど、ようやく800超えた*1。試験対策を一切しなかったというのが時間かかった要因だろうけれど、それでも超えたわけだから、ぼくの勉強法などを公開する。 *1:まず、TO…

学歴そこそこの学生の就活戦略。大手や大企業以外からでもキャリアはつくれる!

街中で初々しいスーツを着た若者をちらちら見かける季節になってきた。たぶん就活生なんだろうと思う。 就活といえば、外資系金融機関だコンサルだ、大手商社への就職の仕方だなんだという就活ノウハウがネットによく出回るものだけれど、はっきりいって大半…

営業という仕事は世間から軽んじられている!「なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?」

なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか? 作者: フィリップデルヴスブロートン 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2013/08/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 人生の早い段階で営業の仕事を経験しておきたい。 …

ぼくは司法書士にはなれなかった。

かつてぼくは司法書士になりたかった。

なぜぼくは素直に行政書士事務所で行政書士として働かなかったのか

www.chadyukio.com ぼくは行政書士の資格を持っている。

自分の人生を物語ることができる人は強い!「バッタを倒しにアフリカへ」by前野ウルド浩太郎

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書) 作者: 前野ウルド浩太郎 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2017/05/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る ぼくはまだ自分の本当にやりたいことだとか、自分の思い描くあいたい姿みたいなのから程…

独学で効率的に行政書士になるためのテキスト、参考書、過去問から勉強方法まで包み隠さず披露しよう!

(2018.5.19更新) ぼくは遊び呆けているように見られることが多いが行政書士の資格を持ってる。現在は行政書士業務から遠ざかっているけれど。とにかく、合格体験談の1つとして試験突破のノウハウを解説しよう。