どうしてぼくはこんなところに

冷静と情熱の間で彷徨う人のブログ

旅-登山

カリブのカルデラを求めて活火山を登る日帰りハイキング!

観光ならクレーターの淵をハイキングできるのが有名だよ 誰かがそんなことを言った。登山というほど険しくはないらしい。セントビンセントの本島の北部にこの国最高峰のLa Soufriereという1,234mの活火山がある。セントルシアにもSoufriereという地名があっ…

ビーチに飽きたらカリブで登山も良いね!難度は高いが豊かな自然を満喫!

少し多めに休暇をもらったので、せっかくわけわかんないところにいるんだから人生で行くことはないであろうところへ行こうと思い、同じカリブのセントルシアに行ってきた。東カリブ地域で、淡路島と同じくらいの大きさの小さな島国、人口18万人ほど。

登山初心者の伊吹山(関西)登頂の思い出

2~3年前のちょうどこの時期、滋賀県の伊吹山に登った。当時、ぼくは神戸の王子公園に住んでいて、ほぼ毎週末、六甲山や摩耶山に登っていた。運動不足のぼくにはちょうど良いエクササイズだった。 それで、だんだん登山にハマりだしたんだけれど、次第に体…

これは…インドネシアで一番の絶景では?みんなブロモ山へ行こう!

この夏、唐突に火山に行きたいと思ったぼくはインドネシアの友人に連絡してすぐ、ジャワ島に飛んだ。ちょうど、環太平洋の火山が次々と噴火している時期で、このタイミングを逃すともう無理かもしれないと感じたのだ。

インドネシアでブルーファイア(青い炎)が見たくて若者はイジェンを目指す

2018年8月、その日ぼくは暑いはずのインドネシアで震えていた。寒すぎたのだ。 たしか日中は30度を超えていたはず。時間は午前3時ごろだろうか。標高はおそらく2,000mは越えているはずだ。それにしても寒い。アンダーアーマーの冬用とジャージ1枚じゃさすが…

真冬の高尾山、凍えながら日の出を待つ徹夜旅

12月某日、ぼくは終電間際の新宿で人を待っていた。 絶え間ない洪水のような人混みの中で予定時刻を10分ばかり過ぎたころにようやく、小柄な「えーまじー」が口癖のシンガポール人を見つけた。