どうしてぼくはこんなところに

冷静と情熱の間で彷徨う人のブログ

大学院出願準備状況-IELTSはやはり厳しそう-

f:id:chadyukio:20200905155117j:plain

4月の末に志望校を決めてから何らその後のアップデートをしてなかったので、久々にぼくの出願状況の共有をしようと思います。結論から言うと、ようやく準備し始めたところです。予定では9月末に出願するつもりです。先月IELTS初めて受けました。

 

www.chadyukio.com

 

今年から留学する人たちがどうやらイギリスに渡航してるようなので、たぶんぼくも現地に行くことになるんだろうなと思います。オンラインの授業かもしれませんが…。

 

ま、受かればの話ですが。

 

で、応募には推薦状とパーソナルステイトメントが共通して必要なんですね。

推薦状の手配(下書きを自分で書いて推薦者はサインするだけ)をしてまして、とりあえずボールは相手に投げました。

 

あとは応募において最も大事だと言われているパーソナルステイトメントを練っているところです。そろそろ下書きができるはず…。

 

そして、IELTS。どこもIELTSのスコアは最低6.5を求めてます。それがないと入学できないんですね。

 

先月初めて受けた結果がこちら。

f:id:chadyukio:20200905161756p:plain

 

6.0でした。

 

正直な感想を言うと、思ったより悪くない…でした。

今月も受けるんですが、2回目なんで慣れもあるでしょうから6.5は十分ありえるんじゃないかと思ってたりします。ちゃんと勉強すれば、ですが。

 

一説には、スコア0.5上げるのに200時間の勉強が必要だそうで、それがほんとなら結構厳しそうです。

 

他の留学ブログをチェックしててもみんなこのIELTSはとても苦労しているのでぼくも苦労するんだろうなと思っています。

 

出願の受付がどこも9月頃から始まって、年内に出すのがポイントらしいです。

出願時点ではIELTSのスコアは必要ではない、スコアが足りてなくても審査してくれるらしい(スコアが足りないので、スコアが満たせればOKの条件付き合格になる)ので、IELTSのスコア上げつつ、パーソナルステイトメントをしっかり練ろうと思います。

 

とにかく、本格的に出願シーズンになって慌ただしくなってきましていよいよ感があります。

GPAスコアがいまいちなぼくはほんとに留学できるんでしょうか、期待半分、不安半分です。