どうしてぼくはこんなところに

冷静と情熱の間で彷徨う人のブログ

英語での表現力の豊かなライティングには形容詞と副詞が必要だ!

f:id:chadyukio:20190211033930j:plain

ぼくの英語のレベルはTOEICだと810、スピーキングもリスニングもそこそこですが、書けません。ライティング、すごい弱点なんです。(参考記事:TOEIC800点超えたので留学経験なくとも英語力上がるお手軽勉強方法公開します。

そもそもそんなに書く機会がなかったんですね。仕事のメールはシンプルなものがベストだったし。

 とは言っても、ぼくは今のところ数年後に海外の大学院に行きたいと思っていてIELTSかTOEFL 受けないといけないわけで、文法をしっかりやるのはもちろん、自分の表現力も磨かないといけない。

それで、英語の日記を始めたわけだけど、ただ漫然とやるだけじゃ意味がない。

というわけで、幸運にも職場の近くにリタイアした校長先生がいたのでちょっと見てもらいました。

そしたら、悪くないけど、もっと形容詞と副詞を混ぜて情景を詳しく思い浮かべることができるようにした方が良いよと言うわけです。

例えば、

 My mother knocked on my door and I awoke. As I looked out of my window, I saw the sun shining over the meadow. Streaks of sunlight darted between the branches and birds on the tree tops whistled. The day began.

As my eyes turned towards the road,  saw some boys and girls walking, while others were tripping to school. As cars moved to their destinations, I heard the horn tooting. I looked at those children who were still wailking towards school.

というパラグラフがあるとするじゃないですか。

正直これだけでも Got a picture で情景は思い浮かびます。十分きれいな表現だと思うんですが、

 My mother knocked gently on my door and I awoke instantly. As I looked out of my window, I saw the sun shining brilliantly over the meadow. Streaks of sunlight darted between the branches and birds on the tree tops whistled melodiously. The day began cheerfully.

As my eyes turned sharply towards the road,  saw some boys and girls walking briskly, while others were tripping to school. As cars moved speedily to their destinations, I heard the horn tooting loudly. I looked fearfully at those children who were still wailking slowly towards school.

と副詞をいくらか足すと、より豊かな表現できますよ、どっちの方が伝わりますかと先生はぼくに聞くんですね。

ぼくマーケティングの仕事やってるじゃないですか、異国で。

人の心を動かさないといけないわけです。慧眼だなぁと思ったわけです。

ぼくの表現はまずはシンプルなものから目に見える情景を詳しく描写した上のパラグラフになり、副詞を加えられてパラグラフ全体に色がついた気がします。より詳しく想像できるようになりました。

そんなわけで、そういう形容詞や副詞を意識的に使って、いきいきした英文を作れるように日記を書いていますよ、という話でした。