どうしてぼくはこんなところに

されば銘記せよ!人の命は短く、その住まう処は地の狭き片隅なり

ぼくがブログを書く理由。それはふとしたきに自分で読み返すため

f:id:chadyukio:20180211231243j:plain

ネット上にはそれこそアホみたいな数のブログがあって、みんな何かしら書いてる。けれど、身近にブログやっている人がいるかというと実はそんなにいないんじゃないかと思う。少なくとも、ぼくの周りには、ぼくの知る範囲では仕事で企業のブログをやっている以外にちゃんとブログを書いている人はいないと思う。

 「ちゃんと」と書いたのは、ブログを作ってはいるんだけど、(数年レベルで)さっぱり更新されていないというのを除きたかったからだ。

別にぼくの周りがITに興味がないとか、デジタルに疎いとかいうわけじゃない。Twitterやインスタグラムをやっている人はFacebookよりは少ないけれど、そもそもFacebookをやっていない人は上記の母数に含めていない。(Facebookにしたって定期的に更新している人は圧倒的に少数派だ。)

せっかくブログを作っても、だれも読んでくれなかったら更新するモチベーションは下がるからフェードアウトしていくのはわかるんだけど、人気ブログでも数年後にはぱったり更新が途絶えてしまう、なんてこともままある。

昔の人は「継続は力なり」といったけれど、継続するだけでも、それなりに労力のいることなのかもしれない。

ぼくは、媒体を変えながらもなんだかんだで10年くらいブログを書いてる。

始まりは高校2年生くらいの時だったように思う。

当時、パソコンは持ってなくてケータイでhtmlを編集して自分のサイトを作って身内ネタを書いて友達を楽しませることに精を出していた。仲間内での評判は悪くなかったように思う。

大学生になって、mixiが流行って、ぼくはmixiで日記を書くようになった。内容は同じく身内ネタで、サークル内で人気者になる程度には評判だった。

iPhoneを持ち出してからmixiはいつしか過去のものとなり、TwitterFacebookを始めた。Facebookでは日記を書くようなことはなかったけれど、一時期アメーバブログでブログを書いたりしていた。アメーバブログが自分に合ってなかったというのもあって更新意欲が湧かず、Bloggerに乗り換えた。

ちょうどそのころ、そういえば昔どんなこと書いてたっけ、何が仲間内で流行っていたっけというようなことが気になった。それで、遠い記憶をたどりながらガラケーのhtmlサイトを探したり、パスワードの忘れたmixiにログインしようとしたんだけれど全然思い出せない、見つからない。

それがとても悲しかったし結構後悔した。

かつて自分が書いたもので、それは、恥ずかしい内容のものあるけれど、当時のぼくが夢中になったもの、当時感じたことの詰まったものなわけで、PVが低くて他人には無価値でも、ぼくにとっては大切な思い出だったりするからだ。

そんなわけで自分のドメインを取得して、そこに積み重ねていこうと思った。

その時々で思ったこと考えたことを書き記して残して、ふとしたときにアルバムをめくるようにさっと読み返し、当時の気持ちを思い出して初心に返ったり、感傷に浸ったりするために。*1

詩的なことかもしれないけれど、のちに読み返すときというのは当時の、現在よりもいくらか無知な自分と向き合っているわけで、その過去の自分との対話ができるのが大きいと思っている。

当時はこういうところが見えていなかったんだなと思うこともあるし、今の自分は言い訳するのがうまくなったなと反省することもある。

それをいくらか繰り返しているうちに、自分が何を大事にしていて、どうありたいと思っているだとかの価値観がいくらかわかってくるように思う。同時に、その理想と現実の隔たりも。

こういうの大事だと思うんだけどなあ。

 

 

*1:そういう内容のことはこのブログではそんなに書かないだろうけれど。