どうしてぼくはこんなところに

冷静と情熱の間で彷徨う人のブログ

気まま

Let the world change you, and you can change the world―褒められたことが強み?―

しばらく前のことになってしまうんだけれどTwitterのTLに、その人にとっての本当の強み、他人には簡単に真似出来ない強みっていうのは、本人にとってはできて当然、当たり前過ぎて気にも留めないことで、それを強みだと指摘されても当たり前すぎてピンとこな…

2018年、今年の抱負

明けましておめでとうございます。

わざわざしんどいことをやるのは何もドMだからってわけじゃない

ぼくはインドア派で運動もジムで効率よく筋肉をイジメるタイプだけれど、実は登山も好きで神戸に住んでたときは六甲山によく登っていた。

「思ったより寒くない!ねぇ、なんで君らは着物を普段から着ないわけ?」への返事が難しかった

もうずいぶん前になるけれど、オランダ人の友人に着物を着せて京都を案内した時に何気なく純粋に尋ねられた。

いつか悩み相談をされたときに話したいアナロジーをひとつ

よく「ちょっと相談にのってくれませんか」と言われる人がいる。 正直かなり憧れている。ぼくも良き相談相手として結構うまくやれる気がしているから。 けれどざんねんながら、期せずして単独行動が多いぼくには友だちが少なければ、頼ってくる後輩なんての…

2017年の俺、40点。今年の総括と来年に向けて

気づけばアッという間に12月で2017年も終わろうとしている。 今年の始めに掲げた抱負の結果は、タイトルで40点としてる通り良くない。半分以下なわけだからできていないことの方が多い。

君はさ、ほんとは何人に生まれてきたかった?ざんねんだけどぼくは他の人生を想像できなかったよ

ぼくは英語も満足に話せないアラサーで劣等感の塊なもんで、英語ペラペラな上に中国語やスペイン語、フランス語が堪能なんていう国連公用語の2つをマスターしてる人を心底羨ましく思っているし、妬ましくすら思っている。

ノースキルの外国人が日本で安定した職に就くまでの苦労に思わず涙した

今からちょうど6年ほど前、当時ぼくが入り浸っていた神戸のカフェで、ラージという30過ぎのインド人と出会った。

アートは各々の欲望に訴える

アートとはなんだろうか、みたいな禅問答はそれこそ昔からいろんなアーティストがやってきていて、美しくないとアートじゃないのかとか、いろいろな挑戦がなされているけれど、その時々のトレンドはあっても答えはないものだと思っている。

台湾で英語か日本語で話すと5割増しでモテるけど、中国語だとモテない現象には理由があった!

台湾で台湾人とコミュニケーションを取る際、英語か日本語だと好意的に対応してくれることが多い。それで、もっと仲良くなりたいと中国語をそれなりに覚え、仲良くなった人とコミュニケーションを取ろうとすると、少しではあるけれどどこかよそよそしく感じ…

ぼくの人生に多大な影響を及ぼした神戸と李さんについて

メジャーリーガーのイチローは出身は愛知県だけどオリックス時代を過ごした神戸をとても大事に思っているらしい。 今ある僕の人格だとか性格だとか考え方というのは、ほとんど神戸で作られたものなんです。一番何かを感じて成長する時期に、神戸にいた。出身…

What Am I Doing Here? どうしてぼくはこんなところに

ぼくは、いろんなところに行っていろんなものを自分の目で見たい、体験したいという欲望を持っている。加えて、ぼくは人生に刺激を求めている。

「いいなあ、俺も外国人の友だち欲しいわ」問題について

タイトル通りで、これわりとよく言われるんだけど結構嫌いだ。いや、かなり嫌いである。うんざりする。こういうこと言うの、たいてい退屈な人だから。おもしろい人だからとか有名人だからお近づきになりたいとかじゃなくて、「外国人の友だちがいる俺/私、ス…

小忙しい現代で小説世界に没入したっぷり余韻に浸る時間を過ごすという贅沢!

秋の夜長に…なんてことはまったくないんだけど、ぼくは年に何度か無性に小説を読みたくなるときっていうのがある。まさに今、そういう時期の真っ只中にいるわけなんだけど、考えてみるとこれは物凄く贅沢な時間だ。こんなこと労働階級のぼくには許されてはい…

フットワークの軽さとそれを阻むもの

何歳になってもフットワークの軽い人でありたいと思っている。現実のぼくはキラキラしてないスーパーインドア派で、気乗りしなければすぐ「今忙しいんで」ってそっけない態度と取りがちなんだけど。

「インド行ったら人生観変わるって言いますよね」って言われるのが嫌いだ

ぼくの初海外は21歳の秋、インドだった。それまで1人で飛行機に乗ったこともなければ、英語もまともに喋れないなかで、乗り換えありの、トランジットもありの1人飛行機で、正直、事前に想定してたより困った。いや、正しい路線かどうかの確証が持てずどきど…

起きて半畳、寝て一畳。これはストイックでもなんでもない。

ぼくは常々合理的でありたいと思っている。 やりたいことが多いから、できる限りムダを省きたい。できれば好きなことだけやっていたい。やりたくないことは減らしたい。最適化したい。

少し先の未来を創造するチームラボの常設展FUTURE WORLD@シンガポール

前回少し触れた、シンガポールの訪問のもうひとつの目的、チームラボの常設展。場所はマリーナベイサンズの近く。

久々にグッときたのは苦難を乗り越えた東南アジアのアートだった

sunshower2017.jp 森美術館と国立新美術館の2館でやってるサンシャワー:東南アジアの現代美術展に行ってきた。

直近のキャリアの5つのロールモデルを

メーカーの海外営業 (最近予定通り知財担当になったが…) に転職して1年が経った。 その感想はまた別の機会にお話するとして、ぼくはジョブホッパーとしてキャリアアップを目指し続けることにしたわけで、これからのキャリアのロールモデルをとりあえず5つ…

「人生でやりたい100のリスト」で自分の欲望と向き合う

社会人になって、仕事に追われるようになって、週末が待ち遠しくなる。待ちに待った週末も、どういうわけか気づけば日曜日の夕方だったりして月曜日の気配を感じ、「またぼくは貴重な週末を無為にしてまった」と嘆きつつそれがルーティン化していく。

今年の抱負とその進捗状況

ここ数年、ぼくは年始に今年の抱負をいくつか掲げている。 1つとして達成できたことはない。 それで、ぼくももう27歳なんだし、いつまでもダメな自分を愛するわけにもいかない。

WordPressよサヨウナラ。僕には手に負えなかったよ

ぼくはこれまで3年ほど、WordPressでブログを書いてきた。それが、ちょっとプラグインの更新やPHPのアップデートに失敗して、どうにもならなくなってしまった。1週間前のことだ。ぼくは消してはいけないコードをうっかり消してしまったらしい。