どうしてぼくはこんなところに

冷静と情熱の間で彷徨う人のブログ

2018-01-18から1日間の記事一覧

台北の夜、ぼくはついに不思議に招かれる

今宵は夜市が開かれる。 10年ほど前、そういう書き出しから始まる怪しさを孕んだ不思議な小説を読んだ。 たしか、恒川光太郎の夜市だと思うのだけど、妖怪の類いが好きなぼくはその書き出しを今でも覚えている。今それを思い出したのは、ここでの情景の雰囲…